お知らせ

【鳴門MaaS】くるくるなるとデジタル周遊チケットについて

路線バス

徳島県鳴門公園周辺エリアにおける観光型MaaSの実証実験を開始

~スマートフォン一つで周遊できる観光地づくりを促進~

実証実験の参加7団体(詳細は巻末)は、徳島県鳴門市の鳴門公園を中心とした観光エリア(以下 鳴門公園周辺エリア)に来訪される観光客の満足度向上を目的とし、鳴門公園周辺エリアをスマートフォン一つで周遊できる観光地づくりを促進する観光型MaaS(注1)の実証実験(以下 本実証実験)を、2021年10月15日から2022年1月31日まで実施します。 参加7団体は本実証実験を通じて、鳴門公園周辺エリアの移動の利便性と観光体験を向上する「くるくるなるとデジタル周遊チケット」(以下 本サービス)を提供します。本サービス提供により、お客さまはスマートフォンを利用したシームレスな移動と快適な観光をお楽しみいただけます。

本サービスの詳細は《くるくるなるとデジタル周遊チケット専用ページ》をご参照ください。


本サービスの利用方法の詳細動画


本サービスパンフレット


なお本実証実験は、観光庁令和2年度3次補正予算事業「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」(注2)の認定を受けた取り組みです。

本実証実験の参加団体について

・KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠)

・四国旅客鉄道株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役社長:西牧 世博)

  ・徳島バス株式会社(本社:徳島県徳島市、取締役社長:金原 克也)

  ・全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子 裕志)

・日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長執行役員:赤坂 祐二)

・一般社団法人イーストとくしま観光推進機構(本社: 徳島県徳島市、代表理事(会長): 内藤 佐和子)

・公益財団法人徳島経済研究所(本社:徳島県徳島市、理事長:長岡 奨)

(注1)mobility as a serviceの略。バス、電車、タクシーからライドシェア、シェアサイクルといったあらゆる公共交通機関を、ITを用いてシームレスに結びつけ、人々が効率よく、かつ便利に使えるようにするシステム。

(注2)地域などが作成した「観光拠点再生計画」に基づき、全国100箇所を目安に観光拠点を再生し、地域全体で魅力と収益力を高める事業について支援。鳴門公園周辺エリアの「観光地拠点再生計画」は、一般社団法人イーストとくしま観光推進機構と公益財団法人徳島経済研究所が主体となり作成し、観光庁に対して提出。(https://www.kizonkanko.net/

※記載されている会社名や商品名などは、各社の商標または登録商標です。

一覧に戻る

月別アーカイブ